四国の旅 その3

2日目は朝から車を飛ばしてずっと山の中でした。
まず向かったのは、徳島県になりますが「大歩危峡」。
けっこう有名な観光地ですよね。
調べてみるとどうも上からの眺望がいいところが少ないらしい。
あっても、初めて行くには場所も上手く見つけられそうもないので
観光船に乗って、下から見ることにしました。
じつは、舟下りというか川を船で巡るのは初めての体験なんです。
道路付近から見下ろすと船着き場までかなりの高低差があります。
e0207391_18504118.jpg


少し上流には急な流れや滝などもみられました。
e0207391_18563840.jpg


けれども船はその下流へゆったりとした流れの所だけを行きます。
e0207391_1857380.jpg

小歩危あたりまで行って、そこから折り返して元の所まで帰ってきます。
e0207391_18572197.jpg

30分ばかりの船旅でした。

小歩危から下流はラフティングをやっているようです。
ゆったりとした遊覧船は写真を撮るにはいいですが
ラフティングの豪快な川下りも一度は体験したいものです。
でも、メガネかけてちゃどうも塩梅が良くないかな。

次に向かったのは隣の渓谷になる「祖谷渓」。
ここには何があるかというと「かずら橋」です。
シラクチカズラで作られた長さ45m、幅2m、水面上14mの橋です。
e0207391_19205176.jpg

三大奇矯のひとつに数えられているようです。
山口県の錦帯橋、山梨県の猿橋、そしてこのかずら橋。
現物を見るまでは「自然物で作られた吊り橋」程度に思っていたのですが
e0207391_19232527.jpg

渡ろうとしてわかった。
渡し板の間隔がちょうど足がはまってしまう隙間になっているんです。
遠くから見てたら、渡ってる人が男なのにやけに恐々として「情けないな~」と思っていたんですが
これがその理由だったのです。
e0207391_19282254.jpg

実際渡り始めると、手放しではちょっと行けなかったです。
久々に気合いの入ったひと時でした。
e0207391_19315864.jpg

[PR]

by k-masa777 | 2011-07-27 19:35 | その他