ペルセウス座流星群は見えたか その1

足助のたんころりんを見に行ったのは実はその先にもう一つ別の目的があったのです。
足助がその道沿いになっていたのと時間的にちょうど良いタイミングだったからです。
さて、もうひとつの目的とは。
天文好きならずとも見てみたい「ペルセウス座流星群」だったのです。
一番よく現れるという「極大」の時間が13日未明の3時頃。
つまり、12日の夜からが見頃となるわけです。
ということで、足助からもう少し足を伸ばして面ノ木園地から井山へ。

山の頂上にカメラを設置したはいいが風が強くて寒いのなんの。
真夏とはいえ標高は1200m弱なのでそれなりに着てはいたんですが
風まで計算に入れていなかったので大失敗。
幸い車に毛布をつんであったので引っ張り出して、ミノムシになって過ごすことに。

この日は快晴でしかも月は早々に沈んで星を撮るには絶好です。
まずは以前から撮りたかった天の川を撮ってみました。

東の方向を見ると。
1 
e0207391_1819483.jpg


南西の方角へ続いています。
2 
e0207391_18195018.jpg

[PR]

by k-masa777 | 2013-08-24 18:22 | 風景(自然)